中国の王朝

中国史の重要性

中学校の社会科歴史の授業と言うと、どうしても日本の歴史についてだけ学ぶイメージがあります。

しかし、実際はどうでしょうか。

弥生時代には、稲作が朝鮮半島から伝わりました。
邪馬台国の女王卑弥呼は中国の皇帝に使いを送ります。
日本の各国(当時、日本には複数の小国が存在していました)は、国の存亡のため、中国の後押しを必要としていたのです。

7世紀になれば、遣隋使、そして仏教の伝来と、より中国との関係は密接なものとなってきます。

9世紀には、遣唐使の廃止があります。

長らく中国から影響を受けてきた日本の文化から、日本独自の文化に移行し、国風文化が生まれます。

鎌倉幕府末期には、歴史上名高い「元寇(げんこう)」が起こり、日本史上初の列島侵略の危機に陥ります。

元寇(げんこう)と鎌倉幕府滅亡モンゴル帝国 モンゴルは中国北方の遊牧民族の国です。 家畜の食料の牧草は、定住すると乏しくなってきます。 乏しくなれば豊富な牧...

元寇は元(モンゴル帝国を祖とする王朝)に寄るものですが、事実上中国から押し寄せてきた危機には相違ありません。

その後、日本は戦国時代を経て、鎖国に入ります。

しかし、黒船ペリーの来航により、外国の脅威を目の当たりにした日本は、大政奉還を経て、明治維新へと進みます。
その後、日清戦争であの大国中国に勝利します。

日清日露戦争下関条約(しものせきじょうやく) 三国干渉(さんごくかんしょう) この三国干...

弥生時代には、危険な航海を冒してまで大陸に渡り、中国王朝の皇帝に臣下の礼を尽くした日本。

その日本が日清戦争で勝利するなど、一体誰が想像できたでしょうか。

日清戦争に勝利し、大陸への進出の足掛かりを得た日本は、その後、軍部による満州国占領にまで至りました。

ざっと時系列的に言葉を並べても、日本史への中国の関わりの強さをうかがい知ることが出来ます。

つまり、日本の歴史を学ぶ上で、中国の歴史を学ぶ事は絶対不可欠なことなのです。

歴史の勉強をしていく上で、中国の動きを常に意識することは、とても重要です。

当サイト「中学生のための、よくわかる歴史」では、日本の歴史のみならず、中国、朝鮮、そしてヨーロッパの日本への関わりも紹介して行きますので、楽しんで、学習してください。

中国の王朝

中国は実に多くの王朝が統一しては、滅ぶと言う歴史を繰り返しています。

各王朝が、日本のどの時代に存在していたかをしっかり把握することで、日本史と世界の流れが一致し、歴史の勉強も非常に面白くなります。

紀元前4000年前、中国には中国文明が栄えます。農耕文明です。

長江の下流域では、既に稲作が始まっていたのです。

弥生時代に稲作が日本に伝わりましたが、紀元前4世紀の話です。(紀元前10世紀説もある)

早く見積もっても、中国では3000年以上も前に稲作が主流となっていました。
日本では狩りや採集の生活をしていたころにです。

いかに当時の日本と中国では、国力の差が段違いであったことがわかるでしょう。

そのため、中国皇帝から金印をいただくことは、日本の国々にとって重要なことだったのです。

夏(か)

中国最古の王朝とされています。

殷(いん)

紀元前16世紀に、黄河の流域に殷が起こりました。

青銅器や甲骨文字が作られました。

周(しゅう)

紀元前11世紀、殷は周に滅ぼされました。

やがて周の力は弱まり、多くの国々が争う戦乱の世になりました。

春秋戦国時代

(紀元前8世紀~紀元前3世紀)
漫画キングダムの舞台です。

秦が中国を統一

長い戦乱を経て、秦が中国を統一しました。
中国史上初めて「皇帝」を名乗りました。秦の始皇帝です。
しかし、秦の政治は厳しく、統一後わずか15年で滅びます。

漢は、紀元前2世紀に朝鮮半島に楽浪郡を設け中央アジアも支配に入れて、大帝国になりました。

三国時代

 西暦220年~280年

いわゆる、魏・呉・蜀、三国志の時代です。
魏に卑弥呼が使者を送っています。

南北朝時代
隋(ずい)

581年~619年
聖徳太子の使者として、小野妹子(おののいもこ)が遣わされています(遣隋使)

618年~907年
首都 長安
シルクロードの発終着点が長安です。
文化の交流点として大いに栄えました。
遣唐使の派遣

宋(そう)

960年~1127年
平清盛が日宋貿易を行っています。

元(げん)

1271年~1368年
モンゴル帝国のフビライが宋を滅ぼし、支配しました。
有名な元寇(げんこう)が起きました。

明(みん)

1368年~1644年
豊臣秀吉が朝鮮半島を支配化したのち、進出を目論みました。

1616年~1912年
中国最後の王朝です。
欧米列強の進出により苦境に立たされました。
日清戦争により日本に大陸進出のきっかけを与えました。

中華民国

1912年~1949年
辛亥革命で清を倒して成立。
中国共産党に追われ、台湾へ。

中華人民共和国

1949年~
中国共産党が、国民党との内戦に勝利し、現代まで統治が続いています。

2つの中国(前編)アジアの大国、清 16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパ諸国はアジア進出に乗り出しました。 キリスト教の布教、貿易の独占のためです...
2つの中国(後編)中国国民党と中国共産党 成立したばかりの中華民国は非常に不安定でした。 特に袁世凱(えんせいがい)死去後は各地で軍人たちが争いあうこ...

ざっと並べると、このような流れになります。

細かく言えば、さらにいくつかの王朝が間に入りますが、中学生の歴史では、上記各王朝をおさえれば、まず問題ありません。

学習のポイント

歴史の勉強をする上で、今はどの時代の勉強をしているのかを、常に意識して下さい。
そして、その時、中国ではどのような王朝が成立していたのかを意識すると、より、学習効果があがります。

中世に入ると、ヨーロッパの状況も介入してきます。

なぜ、ポルトガル人の所有した鉄砲が、種子島に到着したのか。

なぜ、あの時期にフランシスコ・ザビエルが布教にやってきたのか。

ヨーロッパから始まる日本近世史ヨーロッパの躍動(やくどう) 大航海時代 十字軍やローマ帝国については以...
戦国大名とキリスト教戦国大名の誕生 https://wakaru-rekisi.com/europe-japan ...

なぜ、ぺリーはあの時日本にやってきたのか。

そして開国へ欧米諸国のアジア侵略 宗教改革の頃からヨーロッパ各国はキリスト教布教のため諸外国へ進出していきました。 その後押しとなったのは、...

是非、世界的な視点で、日本の歴史を追ってみて下さい。

感動的なこの人間ドラマを、勉強と言う視点ではなく、大いに楽しんでみてください。