中学歴史定期テスト対策

歴史定期テスト対策第10回目

定期テスト対策第10回目

奈良
定期テスト対策第10回目です。
72P~73Pです。
鎌倉時代の武士と民衆の生活、そして鎌倉文化です。

つまり、これまでの貴族が中心の生活から、武士が中心となる生活に変わっていく時代でもありました。
例えば、武士と言えばどのようなイメージを持たれるでしょうか?

日々武芸に励み、武士としての誇りを持つ真っすぐな生き方

なんとなくそのような武士道精神をイメージが思い浮かぶと思います。
実は、この武士道精神は鎌倉時代に培われたものなのです。

平安時代までの貴族や寺社のボディガード的存在から、時代の中心となった武士の心意気は大きく変化したのです。

名誉を重んじ、恥を嫌い、武士らしい心構えを弓馬の道(きゅうばのみち)武士の道(もののふのみち)と言います。

武士の家はとても団結力が強くまとまっていました。
一族の長である総領(そうりょう)が中心に団結していました。

奈良
また意外にも武士の家は男女平等でした。
領地は分割相続で女子にも分け与えられました。
女性の地頭(じとう)が誕生した理由もそこにあります。

地頭と領主の争い

奈良
地頭(じとう)は荘園や公領の管理、年貢の取り立てなどが主な仕事です。
地方の武士達が地頭になりました。
武士が時代の中心になり力をつけてきた結果、地頭と荘園、公領の領主の間に争いが生じることになります。

荘園は貴族や寺社の土地です。
公領は国の領地。つまり朝廷が管理していた土地です。

地頭はその荘園や公領を管理、年貢の取り立てのために置かれた武士の役割です。

本来ならば、荘園や公領を管理し、その地に住む農民から年貢を取り立て、領主に適正に納めるのが地頭の仕事です。
しかし、地頭は権力が大きくなるにつれ、土地や農民を我が物とするようになってきました。
※1221年、承久の乱後、幕府側が後鳥羽上皇に勝利しました。
 その結果、幕府は朝廷の土地を多く奪うことに成功し、地頭の数が増加したのです。

こうして領主と地頭の間には次第に争いが増えていきました。
その争いは、幕府が間に入らなければおさまりがつかないほどになりました。
幕府が取った対応策は「領主にはある程度涙をのんでもらう」つまり地頭に有利な解決策でした。
幕府としては、武士である地頭の支配力を全国に拡大したかったのです。

奈良
解決策は、元々の領主の領地の半分を地頭の物とする(下地中分※したじちゅうぶん)
または、地頭がある一定の額の年貢を領主に納めるというものでした。
いずれにせよ、地頭にとって有利な内容でした。

民衆の生活

奈良
鎌倉時代は民衆の生活も大きく変化した時期です。
土地開発により農作物の収穫が増え、村が活気づいていったことなどが理由です。

1、農作業に牛や馬が利用された。
2、鉄製の農具が使われるようになった。
3、草や木を焼いた灰が肥料として使われるようになった。
4、二毛作(にもうさく)が行われた。
二毛作とは同じ田畑で米と麦を交互に作ることです。
米の収穫が終われば麦を育てる。
1年を通して、ひとつの田畑をフル活用できるのです。

鉄製の農具や牛馬の利用は、作業効率を大幅にアップさせました。

奈良
農作物の栽培が増え、農村は活気づいていきます。
すると賑やかで儲かりそうなところに人は集まってきます。
多くの人が農村に集まり、やがて村は町へと変わります。

貴族が中心の平安時代は民衆の生活は非常に苦しいものでした。
自らの手で田畑を耕し、生きるも死ぬも自分次第のような生活。
まさに個の時代と言えるでしょう。
それが平安時代の民衆の生活でした。

しかし鎌倉時代には村が活気づき、多くの人々が村に集まってきます。
そこで商売を行う者も現れます。
農具を売る鍛冶屋(かじや)衣服の染め物を行う紺屋(こんや)などの手工業者(しゅこうぎょうしゃ)です。

港や道も整備され、行き交う旅人たちの宿屋もできました。
商人や手工業者の住む家も出来、町が出来上がります。

民こうして民衆の団結が強まっていきます。
個から集団への変換期
それが鎌倉時代の民衆の変化です。

定期市(ていきいち)

旅人や商人が増えたことで、町では定期的に市(いち)が開かれました。
いわゆるマーケットです。
交通の便の良いところには定期市(ていきいち)が開かれ、店先には米や布、魚などが並べられ活気づきました。
市は月に3回開かれました。

奈良
鎌倉時代は民衆の変化の様子も問われます。
大いに活気づき、定期市のような楽しみももたらされた。
それが鎌倉時代の民衆の暮らしです。