未分類

定期テスト対策2

定期テスト対策第2回目

奈良
定期テスト対策第二回目は教科書の32Pから37Pまでです。

定期テスト対策第二回目は、縄文時代弥生時代大王(おおきみ)の時代を中心に解説します。

特に縄文時代と弥生時代の人々の暮らしの違いを、言葉で説明できるかどうかがポイントになります。

大王(おおきみ)の時代には古墳(こふん)が作られました。
これらが作られた理由もしっかりと答えれるようにしましょう。

日本列島の誕生

大陸と地続きであった日本には、大陸からマンモスやナウマンゾウといった獲物が移動してきました。
そしてその獲物たちを追うように、大陸から移動してきた人々がいました。

約1万年前の氷河期の終わりにより、海面が上昇し日本は大陸から分断され、現在の日本列島となりました。

その2000年ほど前には、地続きであった日本では土器(どき)が作られ始めました。
木の実を煮て食べるために考え出されたものが土器です。

縄文文化と弥生文化

奈良
縄文文化と弥生文化の比較はテストでよく狙われる部分です。
比較しながら覚えていきましょう。
住居

縄文時代も弥生時代もたて穴住居に暮らしていました。
しかし、縄文時代は、より食料が豊富に取れる場所を目指し、移動することもありましたが、弥生時代は完全定住です。
稲作がもたらされ、水田付近に定住出来るようになったのです。

たて穴住居
たて穴住居跡地

土器

縄文土器・・・縄目の模様のついた黒褐色の土器(厚手で低温で焼かれたため)

表面の縄目の模様

弥生土器・・・赤褐色をした薄手で固めの土器(やや高温で焼かれたため)

石器

縄文時代・・・磨製石器が使用されました。

磨かれて丸みを帯びた磨製石器

弥生時代・・・稲作とともに金属器(青銅器や鉄器)が伝わりました。

銅剣

銅鏡や銅鐸(どうたく)などもお祭りの宝物として使われました。

人々の暮らし

縄文時代の人々の暮らしは、海の入り江付近にたて穴住居を構え、魚や貝を食料としました。
木の実やどんぐりを集め、イノシシやしか、鳥などの獲物を捕らえました。

付近には食べ物の残りかすを捨てた貝塚ができました。

弥生時代は稲作が本格的に始まり、米を主食とするようになりました。
定住が弥生時代ののキーワードです。

収穫した米を蓄えるために高床式倉庫が作られました。

ねずみの侵入や湿気防止のため、床を高くしたのです。

縄文時代と弥生時代の最大の違いは、人々の暮らしが集団化したことです。
米を蓄えられるようになった弥生時代は、わざわざ移動する必要がなくなり定住を始めました。
すると、グループが出来始め、やがて「むら」に、そして「くに」に発展していきます。
人々の間に身分が出来始めたのです。

弥生時代、国の始まり弥生時代とは 定住が始まる。 稲作を行うため、低地河川付近に水田を造り定住が始まった。 ...

大王(おおきみ)の時代

奈良
弥生時代に稲作が本格的に始まり、人々はグループ化していきました。
「むら」から「くに」が出来上がり、日本各地に100以上の国々が存在していました。

なぜこのようなことがわかるのか。
中国の古い書物に、日本(当時は倭(わ)と呼ばれた)の様子が記されているからです。
定期テストで必ず出題されるのが

漢書地理志(かんじょちりし)
後漢書東夷伝(ごかんじょとういでん)
魏志倭人伝(ぎしわじんでん)

です。
これらは、名前だけではなく、記された要約「倭には100余りの国があり・・・・・」などもしっかり覚えてください。
内容と時代を抑えることで「古い時代から並べよ」のような問題にも対応できます。

特に魏志倭人伝は邪馬台国(やまたいこく)と絡んでいるので重要です。
奴国(なのくに)の王が金印をもらったのが57年です。
卑弥呼が魏に遣いを送ったのが239年です。

混同しやすいので整理しておきましょう。

奈良
大王(おおきみ)の時代をあらわすものは、何と言っても古墳(こふん)です。
全国各地に作られた古墳。この頃を古墳時代と言います。

世界最大級の墓、大仙古墳(仁徳陵古墳)

奈良
古墳の周りには様々な形の埴輪(はにわ)が並べられました。
亡き大王(おおきみ)の霊を守るため等言われていますが、何故置かれたのかははっきりとわかっていません。

古墳の周りに置かれた埴輪たち

土偶(どぐう)埴輪(はにわ)の区別について
土偶は縄文時代に作られたものです。

土偶が作られた理由は、魔よけのためや、豊作を祈るために作られたとされています。

埴輪は先ほどの説明の通りです。

これらの違いを問われることもあります。
よく違いをおさえておきましょう。

さらにこの頃は、アジアの国々との関係も問われます。
大和政権が争ったのは高句麗(こうくり)新羅(しらぎ)です。
手を結んだのは百済(くだら)任那(みまな)です。

朝鮮半島の国々との関係性もよく問われます。
地図上でも確認しておきましょう。

最後に、大和政権の支配が広大に及んでいたことがわかった理由もおさえておきましょう。

ワカタケル大王の鉄刀(てっとう)や鉄剣(てっけん)が九州や埼玉で出土されています。
ワカタケル大王は大和政権の王の一人と考えられています。

そのワカタケル大王の所有物が広い範囲で出土されていることから、大和政権の支配は日本の広い範囲まで及んでいたと考えられています。

奈良
以上、定期テスト対策の第二回目でした。
大和政権と大王大和政権の成立 古墳時代初期の頃は、日本の統一...